トップページ | 2008年2月 »

2007年12月

2007年12月11日 (火)

個人周期数 「4」

Photo

数秘学には、いわゆる‘年運’とでもいうべきものがあります。
現在、どの数のエネルギーが作用しているかを見る
“ 個人周期数 ” です。

2007年のエミールの“個人周期数”は「4」。



生存レベルでの問題点に直面したり、
保証問題や安全な取引など、
外側の安定を得るための課題が生じてきがちな年。


この一年を振り返えると、この「4」のエネルギーを
確実に受けていたことがわかりました。 


これまで試験や検定など、社会的保証に見向きもしなかったのが、
今年は9月に国家試験、11月にはアロマテラピー検定を受験してました。

これは1年数ヶ月前には、まったく予想もしていなかったこと。
気がつくと ‘ この流れになっていた ’ というのが 正直な感覚です。


しかし、「 4 」の個人周期の本当の学びは、
とにかく起こっている現実をあるがままに受け入れ、
地にしっかり足をつけて 自分の内面のくつろぎを見いだすこと。

自分の周りにどれだけ不安材料があろうとも、
内面の豊かさを感じていれば、
問題も対処していけるのを感じ取ることです。


数秘学を探求するようになってつくづく思うことは、
ほんとうの安らぎとは 自分の内側に自分がくつろげるスペースを持っている
ということで、特に この 「 4 」 の個人周期数のときには、
じっくりそれを体感すべきなのでしょう。



さて、2008年は個人周期数は 「 5 」。
変化やチャンス到来の時期!



ほんとうに数秘学は、
嘘をつきません。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

数字の性格

Photo_3

数秘学を探求しています。


文字通り、数に秘められた意味を理解して、
人生の課題や社会との関わり方、
その人のほんとうの望みは何かを
リーディングしていくというものです。



占星術の12星座のように、数秘学では1から9の基本数と、
11、22 そして 33 というマスターナンバーを用いて、
その人の本質を紐解いていきます。


それぞれの数には異なった「キーワード」があります。
下記が各数字の純正要素。

その数のプラスとマイナスのエネルギーの
ちょうど中道=バランスの取れた状態の意味です。


1:自立、革新、個人としていること

2:受容性、協調性、流れに身をまかせること

3:祝福、創造性、表現すること

4:現実、安定性、普通でいること

5:自由、全面性、生き生きすること

6:ハートの真実、美、与えること

7:瞑想、英知、独りあること

8:金銭、組織化、ほんとうの力強さ

9:慈しみ、信頼、明け渡すこと

11:高次エネルギーのメッセンジャー、直感、洞察、感応力

22:包含する力、達成する力、宇宙と大地を結ぶ力

33: 愛のマスター、深いレベルでの癒しと愛を与える


「0」については、Nothing, Everything (無、全体)で、
ただそのままそこに在るということになり、
数秘学的には 『特別な作用を与えない』 という意味を持ちます。



いろんな色を持つ数字。
生年月日と名前をつかって計算し、
算出されたその人の‘4つの基本の数’を並べたとき、
オリジナルなその人の色が見えてきます。

そして、その個の美しい色を、より光り輝かせるために、
数秘リーディングがあるのだと思います。


あなたのオリジナルカラーは、
どんな色ですか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

アロマテラピー

Photo

11月上旬に受けた、
社団法人日本アロマ環境協会検定試験の
合格通知が本日届きました。

結果は.....
アロマテラピー検定1級合格


そう言えば、アロマテラピーに興味を持ち始めたのも、
‘宇宙’と出会ったのと同じ時期。


たまたま行った 自由が丘にあるアロマおよびオーガニックの専門店。
お店に入った瞬間、幸福感溢れる自然の恵みの香りに
五感が即座に反応しました。

ああ、なんて心地の良い やさしく癒される香りなんだろ...


そんな余韻は残るものの、かといってその後、
特別アロマを取り入れた日々を過ごすわけでもなかったのですが....




それから4ヶ月後の9月。
やたらと街中である広告に遭遇することに 気が付きました。

それは、『アロマテラピー検定試験』。


ある日など、朝から通算して4、5回もこの文字が至る所から飛び込んできて、

はて? これは もしかしてシンクロしてる? 試験を受けろってこと?

と考えながら総武線に乗り、つり革に手をかけ上を向いた瞬間、
『アロマテラピー検定試験』の広告が目の前にあった時には、
ちょっと怖くなったほどcoldsweats02




ちなみに...


これは本当にシンクロしているのかを確かめたくて、
このとき乗る可能性の高かった左右の車両を行き来し、
広告をチェックしてみたんです。


が!


あくまで実際に乗車した車両の、
まさに立ったその位置にしか、この広告、ありませんでしたー!




‘アロマ’を引き寄せていると確信したこの日の翌日、
早速受験願書を提出。

試験日までの1ヶ月半、独学でアロマテラピーを学んでいくうちに、
その奥の深さと素晴らしさに、ますますアロマのファンになっていきました。


そして迎えた11月の試験日。それから1ヶ月たった本日。
目出たく合格通知が届いたわけです♪




調べたら、アロマテラピーもまた 
“スピリチュアル” にカテゴライズさせる分野。


これもすべて、シンクロニシティと直感力を信じた結果☆






今宵、フランキンセンスの香りを抱いて...
おやすみなさい。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

数秘学とOSHO禅タロット

Oshoそして‘ 宇宙 ’ のつぎに用意されていたものは、
ピュタゴラス数秘学 と OSHO禅タロット

もともと、東洋易学(0学占い)や
手相学、夢占いといった占いは好きで、
時折、友人、知人を観たりはしていました。



けれど、この 数秘学 と OSHO禅タロットカード の驚愕の的中に、
占いの域を超えた、“ リーディング ” という世界のスゴさを 痛感したのです!


というわけで...

2007年は エミールにとって、
真の意味での ‘ スピリチュアル ’ & ‘ 精神世界 ’ 元年。


これも、宇宙のパワー の おかげです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

宇宙との出会い

The_secret

宇宙パワーの存在を知るきっかけになったひとつに、
『The Secret』 著者:Rhonda Byrne があります。

“Thoughts become things ”−「思考は現実になる」



この本を読みはじめ、ページをめくるたびに、
その “ 秘密 ” にゾクゾクしたのを思い出します。


そしてもう一つの  ‘ 宇宙 ’を知るきっかけは、
香港から来日したサイキッカーの方に、

アナタは意識して宇宙の高次元の力に委ねないと、
暮らしは不安から解放されない


とのメッセージをもらい.....


「こ、こ、高次元の力、って.....何?!」

「く、く、暮らしは不安から解消されないって....ど、どういうこと?!」


というわけで、“宇宙のパワー”、 “ 宇宙の法則 ” の探求がはじまったのです。
まさにこの2つの出来事は、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)



『 念ずれば通ずる 』

『 類は友を呼ぶ 』

『 噂をすれば影 』


昔からよく耳にする言葉は、
この 宇宙の法則 のことを云っていたんですね。


偉大なる秘密…それは大いなる宇宙のパワー…引き寄せの法則




最後に、仏陀さまも紀元前にこんなことを
おっしゃっていました。

“All that we are is a result of what we have thought.”
—Buddha (563BCE−483BCE)

「今の自分のすべては、これまでの自分の思考の結果である」

—仏陀(紀元前563−483)














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

宇宙はやさしく

2007年。
ワタシの人生に「宇宙」がやってきました。

それはあまりにも偉大で、
底知れぬあたたかいパワーがあって...
以来、すっかり「宇宙」の虜になりました。



“宇宙はやさしく”

このブログでは、
数秘学とスピリチュアルな話、いろいろ
綴っていきたいと思います。


“When we touch a new level of consciousness, a new world is created.”
—Deepak Chopra,M.D.

「新しい意識レベルに踏み入ったとき、新しい世界が創られる」
—ディーパック・チョプラ(医学博士)



まずはごあいさつまで。
by エミール











| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »