« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

心の癖

Photo私たちは日頃、
ついついネガティブな考えになってしまいがちです。
ポジティブにとらえる大切さは理解しつつ...
でも ついつい....ね.....


マイナスな思考とは、得てして“心の癖”によるものです。
つまり「癖=習慣」です。

しかし、その習慣に気づけたなら、
意識的にプラスな思考へ習慣づけることだって可能なわけです。



最近エミールが読んだ  なわ ふみひと氏著書『2012年の黙示録』で、
この“心の癖”で、特に注意すべき4つのマイナスの波動(気持ち)について
書かれている章がありました。


その“4つのマイナスの波動”とは...


その1:『懸念』

いわゆる「心配性」「取り越し苦労」という気持ちのことで、まだ起きぬ未来に対して不安になること。未来は‘今’の思考で創られるならば、未来へ対し不安に思う気持ちは、そのままその状況を引き寄せるだけである。なので‘今’に感謝し、明るい思考に意識を集中することが重要で、未来を不安に思う必要がない。


その2:『残念』

終わってしまったことをいつまでも悔やむ心。これもマイナスな波動でしかない。済んだことをいつまでも思い煩っていてもポジティブな未来は築けない。まさに、後悔 先に立たず。


その3:『執念』

これまでは、勝負や競争において、一番になることへのこだわりは良いこととされてきたが、争いのない調和的で平和な時代に入るこれからは、この‘こだわり=固定観念’はマイナスのエネルギーになってしまう。仏教の教えでも、「執念は煩悩(苦悩や心痛)を生み出す原因」と云われている。


その4:『怨念』

これは最大級のマイナスの波動。「人を呪わば穴二つ」という諺が伝えるように、人を世間を恨む気持ちは、同時に己にも影響を与え、自ら窮地に追い込む結果となる。

心(気持ち、思考)は波動です。
波動は磁石のように、同じ波動の人や物事や状況を引き寄せます。

やはり、何に対してもポジティブな考え、プラスな思考でいることは
今を生きる上で、最も大切なことと言えそうです。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

一日が16時間!?

Photoあの....

最近やたら時が経つのが速いなーと感じるのは、
エミールの 気のせいでしょうか...?
(年のせいでしょうか...?)

先週の出来事が、おとといぐらいのことのように感じてしまう今日この頃wobbly
とにかく一日、一週間、一ヶ月が過ぎるのはあっという間...

しかしながら“宇宙の秘密”を探求していくと、
この感覚、あながち年のせい(気のせいsweat02)ではなさそうです。


アメリカのテレス・マッケンナという研究者によると、
現在、私たち人間が感じる時間の感覚は確実に日々スピードアップしていて、
時計で計る絶対時間(一日24時間)は変わらないものの、
体感は一日16時間程度しかないとの報告もあります。

(“速読”“速聴”と名の付いた本がやたら市場に出まわっているのも、
この時間短縮と関係しているのでしょうか...sweat01




一日が16時間 !?



その大きな要因には、どうやら巷では既に話題になっている、

2012年12月にある宇宙の壮大なドラマ


が関係している模様。



この話は、のちに触れるとして、
前回の『宇宙はやさしく』で少しお伝えしたように、
2012年をさかいに私たちの地球は、
これまでの 物質文明 から 精神文明 へ と変わります。


それに伴い、何やら目には見えない大きな力(エネルギー)が動いているのは、
間違いなさそうです。


うむ。年はとりたくないけれど、
平和で調和のとれた精神世界の時代が来るのは楽しみ。



あっ、そう言えば、エミールの9才になる姪っ子も 先日こうボヤイてました。

「なんだか 時間がたつのって はやいね〜」












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

数秘リーディングとは...

Photoほんとうのあなた ” に出会うための道具です。

かく言うエミールも、過去に数秘リーディングを受け、
この“気づき”の体験で
「ほんとうの自分でいる」とはどういうことかを知りました。


私たちには、それぞれ持って生まれてきた 「4つの数」 があること、
そしてそれらの数には 秘められたエネルギーがあることは、
以前の  『 宇宙はやさしく 』 で説明しました。


そして “ ほんとうのあなた ” に出会うために、
その各数のエネルギーの中道(=バランスのとれた状態)をリーディングで見出し、
意識的にその中道にいること(歩むこと)で、
私たちの人生は一瞬ごとに、生き生きと輝き始めます。



つまりそれが、“ あるがままの自分で生きていく = ほんとうの自分   ” という、
自由 」 と 「喜び 」を手にすることなのです。

思考が現実になる “ 引き寄せの法則(宇宙の法則) ” を見ても、
願いが叶うときは、何に捕われることなく、心がワクワクしているときです。
なので、数秘リーディングで“あるがままの自分を楽しむ”ことに気づいていれば、
望む願いが叶えられる速さも違ってくると思うわけです。



さらに、2012年をさかいに私たちの地球は、
これまでのエゴ、強い者が勝つ的価値(競争主義)、三次元的物質至上主義から、
精神的な価値観が中心となる、平和的な “ 調和の時代 ” へと変わります。



ひとりひとりが数秘リーディングで “ほんとうのあなた” に出会い、
ひとりひとりの 心に平和の輪  (4つのエネルギーの調和がとれたている状態)
感じることが出来たならば、
やがては 大きな世界平和の輪 (oneness)へとつながると、
エミールは信じて止みません。



今日の日記の最後に、
エミールの親友でありアーティストの遥か(HARUKA)
先日数秘リーディングを受けてもらった際の、
彼女のリーディングへの感想が書かれたブログを紹介させてください。

遥かのDiary&Music












| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

自然のリズム

Photo 今日は‘運気の流れ’について。

数秘学には、その年にやってくるエネルギーを読み取る
「個人周期数」というのがあります。

いわゆる占い全般で言うところの
“今年の運気”にあたるものですが、
サイクルは9年間で一周期となります。

では、この9年間のそれぞれの年には、どんな事が起こり得るのでしょう?

キーワードでまとめてみました。


個人周期数が...

「1」の年:開拓、種まきのとき

「2」の年:調和、流れに身を任せて過ごすとき

「3」の年:開花、心の喜びそして楽しさを表現するとき

「4」の年:くつろぎ、普通でいることの安定性を感じるとき

「5」の年:変化、瞬発力と全面性を持ってチャレンジするとき

「6」の年:愛との対話が起こるとき

「7」の年:独りの豊さを感じるとき

「8」の年:組織する、真のパワーを発揮するとき

「9」の年:ひとつ周期の終わりを迎えるとき




何か強いストレスに苛まれていたり、物事の流れが滞っていたりしたら、
この個人周期数に意識を向けることで見えてくるものがあります。

それは、この流れが “生の自然のリズム”だからです。
自然のリズムに逆らわず正しい方向に流れているときは、
「心地良い」感覚を覚えるからです。


年が明けて早3ヶ月。
春がすぐそこまで来ている今、あなたにはどんな動きが起こってますか?








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

36才からのやさしい数

Photo
数秘リーディングには、

4つの基本数のほかに、「成熟数」というのもあります。


36才頃から自然に自分自身のなかで育っていくエネルギーで、

あなたのその後の人生をよりポジティヴに、楽に過ごせるよう

サポートしてくれる数です。



いわゆる“ご褒美の数”とでも言えるでしょう。

あなたをやさしいエネルギーで包んでくれる数ですshine



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

笑う角には‘必ず’福来る!

Photoほんとうに、そう思います。

笑う角には‘必ず’福が来る!

それには、ちゃんと理由があります。

この宇宙に存在するものすべて、「波動」でできていると言われます。
それは私たちの目では到底見ることはできないので、
「なんのこっちゃ??」と思ってしまうところですが...


目には見えない粒子がこの世の中では常に振動しあってて、
そこに一定の力が加わると物質に変わるということなんだそうです。


よって、木の椅子も、ふかふかなお布団も、陶器のお皿も、高そうな大理石もetc...
みーんな「波動」でできています。
その波動の周波数が異なるから、このように多種多様のものができ上がるんですね。



そして、もちろん私たち人間のカラダも「波動」でできています。

同じ周波数の波動は、磁石のように引き寄せ合います。
そう、いわゆる「類は友を呼ぶ」というやつです。

さらに、目で確認できる物質だけではなく、
音や色、匂い、そして言葉や気持ちもまた、

みーんな「波動」でできています。

美しい旋律も、鮮やかな色彩も、心地の良いアロマの香りも、
「ありがとう」の言葉も、幸せに満ちた気持ちもetc...、です。

なので、心がワクワク喜び生まれる笑顔(笑い)は、
強力な磁石のごとく、さらなる幸福を引き寄せる、というワケです!


何度も言いますが、波動は磁石のようなものです。同じものを引き寄せます。

だから、悲しいことがあっても、つらいことがあったても、

笑っていれば、必ずやがて、幸せが引き寄せられてくるのです。

どんなにつらくても、「ありがとう」の言葉を絶やさなければ、

必ずやがて、幸せを引き寄せることができるのです。



こんな素晴らしいシステムをつくってくれる宇宙は、
ほんとうに ほんとうに 
やさしい と心から思います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

“あなた”に出会う4つの数

Photo 生年月日と出生届の名前。

ピュタゴラス数秘学のリーディングには、
この2つが不可欠です。


名前も、アルファベットにすると
それぞれ数字に置き換えることができます。

この2つの“個人情報”をもとに、独自の計算式で算出された4つの基本数から、
その人の “ 持って生まれた可能性 と 人生のテーマ ” を読み取っていきます。



基本となる4つの数とは...

軌道数
生年月日から算出されたこの数は、一生を通じて作用する人生のテーマを示します。その人の人生全般の香りとも言える基本の質を教えてくれます。

表現数
名前から算出された数。社会の中でどう自分らしさを表現していけるかの鍵がこの数から感じ取れます。その人の選びやすい職業、社会においての役割、使命を示します。

人格数
名前から算出された数。その人が、他人に対してどのように振る舞っているかを読み取る数で、このエネルギーに目覚めることで、周囲へ上手に自分を対応させていきます。

ハート数
名前から算出された数。ハートの奥深くにある望みで、表面に現れにくい分、その人自身気付いていないことがありますが、この数に意識的でいることはとても重要。


他にも、この2つを用いてたくさんの意味ある数を算出し、
あらゆる角度から “ あなた ” を読み取っていく数秘リーディング。

「 自分の数 」 に秘められたエネルギーに意識的でいることは、
『 今を生きる 』 ということの、ほんとうの意味を知ることなのです。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »