« 今日の名言・格言<その2> | トップページ | オーラソーマ »

2008年4月25日 (金)

水は答えを知っている

Photo「結晶物語ー水が教えてくれたことー」
著者:江本勝

この本に出会った時の衝撃は、
相当なるものでした(感動でした)shine

水にあることをすると“結晶”ができるそうです。
その結晶はとても美しく、まさに六角形のキラキラ光る雪の結晶のよう。


けれど、すべての水に輝く結晶ができるわけではありません。

キレイな名水といわれている水には結晶が現れます。
反対に、例えば都心の水道水などには、結晶どころか、
ちょっとギョッとしてしまうほどの 醜い形が顕微鏡に映し出されます。
(この辺の違いは、この本の中にたくさんの写真と共に紹介されてます)

でも、ギョッとしてしまう水道の水も、
美しく癒される音楽や言葉をかけてあげると、
徐々にキレイな結晶が誕生し始めます。


はて?これはどういうことか?
それは波動と深く結びついているようです。


この宇宙に存在するものすべて “波動” でできていると言われます。

目で見て触って感じられる‘水’はもちろん、
視覚では確認できない‘音や言葉や精神(感情や思考)’もすべて、
波動の産物と言えます。

水道の水に初め結晶がないのは波動が荒いから。
そこに波動の高い美しい音楽や言葉をかけると、水は敏感にそれに反応し、
徐々に個々を特徴つける異なるキレイな結晶を生み出していくのでしょう。


「ありがとう」と毎日言い続けた水は キレイなまま。
「バカヤロー」や ‘無視’し続けた水は 腐ってしまう事実...



そこでエミールは思います。

私たち人間のカラダは大方水分でできていますよね。
成人した大人で60〜65%。年齢が下がればその水分の割合も増え、
人格が形成される子供は70%、胎児では90%が “水”で満たされているそうです。

ギョッとする水道の水に、感謝や褒めの言葉、愛の感じられる音楽をかけると
キレイな結晶が現れ生き返るように、これは人間に置き換えても 
全く同じことが言えるのだと思います。


“褒める子は育つ”
いっぱい褒められて育っている子供の体内はきっと、
キラキラ輝いているのでしょうね。



言葉と同様、“気持ち、思考”=精神も波動でできているので、
まずは自分で自分を褒めてあげる(自尊心を高める)、
感謝の気持ちを心に持つ、ワクワク楽しいことを思う(ポジション思考)etc

大人の私たちでも、意識の持ち方ひとつで 
キラキラと内面から輝き出せるのです。


それは年齢なんか全く関係なく、 
今からでもすぐに、キラキラとshine










|

« 今日の名言・格言<その2> | トップページ | オーラソーマ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

宇宙はやさしく(全記事)」カテゴリの記事

精神世界な本たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の名言・格言<その2> | トップページ | オーラソーマ »