« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月22日 (水)

宇宙天文ショー

Diamond_ring本日の宇宙天文ショー・皆既日食shine
いや〜、本当素晴らしかったですねhappy01
(といっても、豪快なショーの模様はTVで観たのですがsweat01



東京は曇り空でしたが、最大日食の11:12前後には
空が薄らと暗くなったのを感じましたflair


皆既日食が観測された インドや中国上海、
屋久島、奄美大島、硫黄島等の映像を観ると、午前中だと言うのに、
その瞬間になるとすーっと夜のように暗くなり、
そしてまたすーっと昼の明るさに戻る、
とても不思議かつ神秘な天体模様でしたねconfident


皆既日食とは、太陽sun と月fullmoon そして地球gemini が一直線に並んだ時に
観られる現象ですが、ただ並んだだけでは
このような神秘な姿を 地球から観ることはできないのだそうです。


地球から観る 太陽と月は、
一見すると私たちには同じ大きさに見えます。

けれど 実際は 太陽は月の 約400倍の直径 をもつ巨大な生き物。
それが 太陽から月が 約400倍遠く離れたところにある ということで、
この2つの球体は 地球からは同じ大きさに見え、そして私たちは
皆既日食という素晴らしいショーを 楽しむことができるとのことです。

太陽と月がキレイに重なった瞬間、
そして隠れた太陽が月の輪郭から少しづつ光を放つ瞬間の
“ダイヤモンドリング” など、宇宙の美に
思わずため息と拍手を送らずには いられなくなりますよね...


約400倍という 大きさと距離の 偶然の一致。
そのことで生まれる 偶然の神秘。

ほんと、宇宙って素敵 happy02sign03



来年2010年7月11日には、イースター島を含むポリネシア、
チリ、アルゼンチン等で皆既日食が楽しめるそうです。

「一度観たら人生観が変わる」 とも言われるこの天文ショーなので、
次回日本でのショーとなる2035年(26年後)まで待てない人は、
ぜひ来年イースター島に足を運んではいかがでしょうかbleah


ちなみに、東京成田からイースター島への直行便airplaneはなく、
タヒチ経由で合計フライト時間は約16時間。
6日間の旅でご予算平均約300,000円からだそうですdollar(笑)
(2009年7月現在)











| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

2009年7月22日

090722 2009年7月22日は、日食ですねfullmoon
日本において皆既日食が観察できるのは
実に46年ぶりだそうです。


「日食」とは、太陽が月で隠される現象のことですが、
観る場所によって太陽が隠される大きさが違い、
太陽の一部が隠れるのを 「部分日食」
月に全部隠された姿を 「皆既日食」 と呼ぶそうです。

また太陽の方が月より大きく見えるため、
月の輪郭から太陽がはみ出して見えるのを
「金環日食」 とも言うそうです。


東京においての「日食」観察時刻は
日食の始まり: 9時55分33秒   
日食の最大 : 11時12分58秒   
日食の終わり: 12時30分20秒


太陽の隠れ具合は南に場所が移るにつれ大きくなり、
東京は月が約4分の3まで入り込む 「部分日食」 が楽しめ、
福岡、沖縄ではそれぞれ約90%の重なり率になるそうです。

そして屋久島、悪石島、奄美大島では 「皆既日食」 がshine
明日の新聞やテレビ報道が楽しみですね。
(お天気がちょっと心配...)



***************************



さて、2009年7月22日の宇宙のもうひとつのイベントといえば、
「新月のソウルメイキング」 ですね。


The_new_moon 明日7月22日は新月が蟹座にあります。
実現しやすい願いごとのキーワード
およびカテゴリーは下記の通りです。



moon3 実現しやすい願いごとのキーワード
家族・家庭、安定、成長、親密さ・慈愛、感情・気分、
育成、解放、不安感



moon3 願い事の主なカテゴリー
個人の基盤を強める願いごと
心の安定を促す願いごと
成長を促す願いごと
慈愛を育む願いごと
感情を巡る問題を改善する願いごと
健全な育成を促すための願いごと
心を蝕む不安感をなくす願いごと



moon3 関連のある身体の部分・症状
乳房・胸腔、すい臓、胃・膨満感・胃潰瘍、腫瘍




願うタイミングは下記の通り(時間は全て24時間表記です)


moon3 新月直後〜48時間以内
7/22(水)11:35 〜 7/24(金)11:34


moon3 強いパワーが働くのは新月直後〜8時間以内
7/22(水)11:35 〜 7/22(水)19:34



注意事項としては..
たとえ1分前でも、 “新月になる前” には行わないということで
それは新月の恩恵をうけられない、とされているからだそうですsweat01


God bless you...






エミールの数秘リーディング
詳しいお問い合わせ・ご連絡先は こちら  まで。










| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

Smile

A_red_roseSmile

lyrics by John Turner and Geoffrey Parsons
composed by Charlie Chaplin



Smile though your heart is aching
Smile even though it's breaking
When there are clouds in the sky, you'll get by

If you smile through your fear and sorrow,
Smile and maybe tomorrow,
You'll see the sun come shining through for you


Light up your face with gladness
Hide every trace of sadness
Although a tear maybe ever so near

That's the time, you must keep on trying
Smile, what's the use of crying
You'll find that life is still worthwhile,
If you'll just smile.




笑顔を見せて たとえ どんなに 心が 痛んでいても
笑顔を見せて たとえ どんなに 心が 崩れそうでも
空が雲で覆われていようとも 
不安におびえ 悲しみ嘆くときも 

笑顔でいれば くぐり抜けられるからさ

笑顔でいれば 明日には太陽の光がキミを照らすよ


喜びで 顔を輝かせて
ひとつ残さず 悲しみの傷を 消してしまおう
たとえ 涙がこぼれ落ちようとも
そんなときだからこそ 笑顔を絶やさずに
泣いてばかりいたって 何も始まりはしないんだから
笑顔でいれば  “この人生も まだまだ捨てたもんじゃない”
って思えるときが 必ず来るからさ


(対訳:エミール)



チャーリー・チャップリンの作曲で知られる 「Smile」。
今日はマイケル・ジャクソンの歌声でお届けします。


Smile/Michael Jackson









| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

第六感

Moonblue_2ときどき、不思議な感覚になることがあります。

それを第六感というのか、
未来予知といえばいいのか...

とにかく これから起こることが
事前に分かるのです。



例えば、電話が鳴っていないのにベルが鳴っている感覚になり、
「あれ?」 と思わず携帯電話を手にしてみるものの、
やはり着信はない。

すると、数分後に実際に電話がかかって来たり...


また、夜 横になり目を閉じて眠りにつこうとするとき、
突然、特定の人物や場所の映像が頭に浮かび、
その人物の雰囲気や場所の空気感などを
リアルに感じるときがあります。

それは単に頭でイメージしているのとは違い、
何とも言えぬ生々しさゆえ恐怖感すらあり、
だからいつも ブルっ と頭をゆすり現実に戻ろうとします。


先日は、以前出演したことのあるジャズバーの店内の映像が
急に頭を過りました。(エミールは Vocalist でもあります)

照明の明るさや、キレイに並べられた木製のテーブルと椅子、
準備されたマイクと楽器。
まさにこれからライブが始まろうとする空気感を生々しく感じ...
ブルっと頭をゆすり 目を開きました。

そして翌日、案の定こちらのお店の出演オファーがあったのですが、
通常、オファーは1ヶ月〜2ヶ月前にあるのに対し、
今回は2週間後に迫ったライブへの緊急依頼でした。



あと 忘れられない実例として、
数年前、人気マジシャン・ セロ のマジックショーを観に行った時のこと。

ショーの前の晩、横になり目を閉じると、
あの ブルっ とする感覚が...

突然 セロが真っ直ぐこちらに向かって来て、
手を差し伸べてくる映像が見えました。
この時はセロの体温のようなものまで感じ、
生身の人間が目の前にいる感覚になりました。


セロはよくショーを観に来たお客をマジックに参加させるのですが、
翌日のこの時のショーも次々とお客を舞台に上げ、マジックを披露。
そして 「次は誰にしようか」 とセロが会場を見渡した時、
前夜のあの感覚が現実のものになるのを感じました。

そうです。セロが真っ直ぐこちらに向かって来て、
ワタシを指名したのです。

あまりの驚きに、このとき披露してくれた
マジックをあまり覚えていませんsweat02

ショーがあった会場は約5000人を収納する
大きなコンサートホールで、大変人気のあるセロのショーは
この日も満席でした。


前述のライブオファーの件にしても、セロの件にしても、
五感では予測が非常に難しい異例な出来事。
だから第六感が働き、前もって事を知らせてくれたのでしょうか。。




未来予知。第六感。

人間を含めた動物に、誰にでも備わっている感覚だそうです。
いつ誰が、この感覚に目覚め強化されるか、
または衰えるかは 分からず...


摩訶不思議です。





エミールの数秘リーディング

詳しいお問い合わせ・ご連絡先は こちら  まで。














| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

鎌倉長谷巡り


今年に入って三回目の訪問となる鎌倉に行って来ました。
東京から1時間ちょっとで行ける鎌倉は、
日帰りの旅にちょうどいいですねtrain

今回は、江ノ電長谷駅から徒歩約1分の場所にオープンした
オリジナルジュエリーデザイナーで知人の
SAKURACOちゃんのアトリエ
の「おひろめ展」におじゃまするのと、
同じく長谷駅に集結している鎌倉大仏と長谷寺が目的地flair


そして旅の仲間は、
数秘仲間のtomoちゃん と パーソナルカラーリストのYUGUちゃん。
そしてtomoちゃんの紹介で今回新たなご縁をいただいた、
ホメオパシー療法士スピリチュアルアロマセラピストのYUKIちゃん
カワイイお嬢ちゃんのHARUKAちゃんの四人gemini

デジカメでパシパシ撮影した写真を載せて、
今日は旅日記を書いてみたいと思います。
ぜびお付き合いくださいnotes



藤沢から 江ノ電 に乗り、鎌倉の町並みと湘南の海を眺めながら
約30分で長谷駅に到着。


Lunchtaco_3 目的地に向かう前に、まずは腹ごしらえです。
湘南なので相模湾の海の幸ランチをと思いきや、
長谷駅周辺にはカフェ飯が充実していたので、
今日は鎌倉野菜がたっぷり乗ったタコ飯を堪能restaurant


Src ゆっくり食事したあとは、
まずSAKURACOちゃんのアトリエへ。
素敵に装飾された看板がお出迎えしてくれる中
アトリエに入ると、そこはまるでフランス・パリshine


Srcdisplay ビーズと天然石を使ったオリジナルのジュエリーが、
所狭しとデスプレイされていて、
彼女のインスピレーションから誕生した作品全て
アイデアに富み、とてもユニークで可憐で美しいですheart01


Srcmamsbags こちらのバックは、SAKURACOちゃんのお母様が
デザイン制作させたもの。色鮮やかで
どれも細かい部分まで非常にこだわりのある作品。
圧倒的な存在感を放っていました。

お父様は建築家とのことで、
こちらのアトリエの建物はお父様の作品sign01
まさにアーティスト一家ですねhappy02



さて、次は鎌倉のお大仏様へ観光です。
長谷駅から海を背に真っ直ぐ続く 鎌倉大仏の 高徳院  までの道は
週末なのも手伝って人、人、人。特に外国人観光客が目立ちます。

Photo_5 山門(仁王門)をくぐった先にある
国宝鎌倉大仏の周りにも、もちろん黒山の人だかり。
容赦なくパシパシ写真も撮られ、
お大仏様、さぞお疲れのことでしょう...


Photo_6 と、お大仏様の後ろ姿を一目見ようと
そのお背中を拝見したら、
やはりどこか 哀愁漂う雰囲気が...
いつもありがとうございます。。。


Photo_7 ところで、この鎌倉大仏の前には
←こちらのお線香の煙立ち込める爐があります。

ごく当たり前のように、体に煙をかけながら
「小顔になりますように〜ウエストが細くなりますように〜」
とアレコレ欲張ってお願いごとをしていたら、
院の清掃員のおじいさんに ボソっと こう言われました。
下にある自分の干支に触って願い事するといいよ


Photo_8ぬぬぬsweat01 ほ、ほんとだ。干支のみなさんがいらっしゃる。
というわけで、戌年生まれのエミールは、
この二匹の可愛い犬達を愛情込めて
撫でさせていただきましたcoldsweats01


しかし、小さい頃にみた大仏様はとても大きく、
その非日常的サイズに身震いをしたものですが、
大人になった今、拝見する鎌倉大仏は思いのほか小さく感じられました。
不思議なものです。



次に目指す先は、“花と眺望の寺”  長谷寺

Vivitpink_flower まだ梅雨とはゆえ、あじさいの満開時は過ぎてしまった
この週末でしたが、それでも草花美しい季節。
長谷寺に向かう途中の道には
こんな鮮やかな色の花も咲いてました。

Photo_12 Photo_14 Photo_15






入山券300円を購入し、いざ長谷寺へ。
長谷観音像に辿り着くまでの散策路には、
色とりどりの植物が入山者を出迎えてくれます。
写真上左/蓮のつぼみ  
写真上中/白桔梗  
写真上右/新緑のもみじ



Photo_16 あじさい もまだ咲いていました。
“あじさい寺” として親しまれている長谷寺ですが、
その数は40種類以上約2500株だそうです。
来年はぜひ6月に訪れたいです。


Photo_18 クリーミーなオレンジの色が美しいこちらの花は
ノウゼンカズラ (凌霄花)。ツル草です。
もともと地に面して咲いていた花らしいのですが、
ある時、松の木がその美しさに一目惚れし
プロポーズをしたそうで、地を這っていては
踏まてしまう危険もあり、ノウゼンカズラは松に身を寄せて、
絡まるように美しく生きたとの説があるみたいです。

そんなノウゼンカズラの花言葉は「女性」「名誉」。
確かに凛とした中に、独特の女性的な色気を感じる花でしたshine


Photo_19 そして歩く先には、日本の最大級の木造観音・
十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置されている観音堂が。
金眩しい立ち姿は圧巻です。
(お堂の中は撮影禁止)


Photo_20 観音堂の奥には、鎌倉の海と町並みが眺望できる
「見晴台」があります。この日は曇りだったのですが、
お天気がよければ眺めも一層爽快になりそうですsun



長谷寺閉門時間夕方5時ぴったりに下界に戻り、
続いて夕食散策にbeer
湘南海岸道路134号線沿いにある、海の見晴らし良いイタリアンレストラン
Ocean Harvest 『COCOMO』 で今日1日に乾杯!
ゴルゴンゾーラとはちみつのPIZZAが最高でしたnote



Photo_21 そして夕食を終え、長谷駅に向かう前に
本日の締めで海岸へ。
浜辺でシャッターを押したら、
こ〜んなにたくさんの神秘的なオーブがshine



というわけで、新たなご縁もいただき、美しいものを堪能し、
美味しいものに舌鼓できた充実の一日鎌倉長谷巡り。

次回は秋に数秘の勉強会で
またこの地を訪れる予定です。











| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »