« Americaという国は... | トップページ | USA旅行記<Route66編> »

2009年9月14日 (月)

USA旅行記<出国入国編>

今回から数回に分けて、
アメリカ旅行記を書いていこうと思います。
もしよかったら お付き合いくださいhappy01


Blog1_2
今回の旅の目的地は、
アメリカ第三の都市・シカゴ。



ブルース&ジャズの街との認識はあったものの、
東側のニューヨークや西海岸のロサンゼルスと比べると、
あまり馴染みがなく、正直、
アメリカのどの位置にあるかピンとこない...というのが、
これまでのシカゴの印象でした。


ところが、シカゴ行きが決まり、この都市について
いろいろ調べていくうちに分かったことは..


まず場所はアメリカ中西部イリノイ州にあり、
中学校の地理の時間に学んだ 五大湖 の一つ・
ミシガン湖(Lake Michigan)の下部にあること。

緯度は日本の北海道函館とほぼ同じで、
冬場は白銀の街となる。
またミシガン湖からの風が年中吹き込むことから
“ Windy City (風の街) ” とも言われていること。

日本の 成田空港 から直行便で約12時間のフライト。
時差はマイナス15時間(標準時間)ということ。

日本では江戸幕末から明治時代初頭となる19世紀末から
この街では高層建築が盛んに建てられ、
今も時代を象徴するさまざまなデザインのビルが残り
街全体がビル建築のギャラリーであるということ。

マクドナルドの誕生地であり、
奴隷解放宣言で有名な第16代大統領リンカーンと、
“YES, WE CAN”現大統領オバマ氏の
所縁の地であること、etc。

特筆すべきことがたーくさんある街でしたsweat01


Blog2_2 さて、出発は9月1日。
午前11:30成田発。



行きはテキサス州ダラス・フォートワース経由でシカゴ入りです。
朝9時半に成田空港第2ターミナル3Fに到着した時には、
既に多くの人が出国を待っていました。
何度訪れても空港はワクワクするものですhappy01


Blog3 そして、今回のエアラインは
American Airlines



ワタシにとっては初めての航空会社になり、
アメリカの会社と聞いてあまり ‘空の旅’ は
期待していなかったのですが..(おっと、失礼sweat01


ところが、これがなかなかの快適さshine

シートがビッグなアメリカ人対応の寸法で出来ているので、
アジア人の標準体系であるワタシには楽ちんなサイズ。

食事もまあまあ。

キャビンアテンドの皆さんは平均年齢50才くらいと
少々お高めなのですが、そのことがかえって機内全体に
落ち着きと妙な安心感をもたらしていました。


ちなみに...


2009年1月12日から 米国の入国制度が大きく変更 され、観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問される場合は、査証(ビザ)が免除されていて、米国の査証を取得する必要はないものの、事前に 電子渡航認証システム (Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って 申請 を行い認証を受けていないと、米国政府によれば、米国行きの航空機等への搭乗や 米国入国を拒否 されます。ご注意くださいdanger


Blog4 太平洋上空を渡り、
約11時間で経由先のダラスに到着。



入国審査(immigration)の場所の壁には、
多国籍にわたる人々のビッグスマイル写真と、
“ Welcome to America ” の文字がドーン!
なんだか妙~に嬉しくテンションも上がります♪


かなり慎重な入国チェックを終えて、
乗り換えのシカゴ便搭乗までは約1時間。
ベストな乗り継ぎタイミングのもと、
シカゴ オヘア国際空港 に到着したのは、
9月1日の午後2時近く。 何だか一日得した気分ですsun



というわけで、これからどんなシカゴの旅がはじまるかsign02
次回をお楽しみに~(笑)







|

« Americaという国は... | トップページ | USA旅行記<Route66編> »

宇宙はやさしく(全記事)」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

みかりん
早速読んでくれてありがとう!
次回をお楽しみ〜^^

投稿: エミール | 2009年9月14日 (月) 19時20分

相変わらず人の好奇心のツボを心得ているshine
シカゴへ行ったことない私は早く次回を読みたい~happy02

投稿: みかりん | 2009年9月14日 (月) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Americaという国は... | トップページ | USA旅行記<Route66編> »