« 千年の守り神 | トップページ | 波動上昇中 (おすすめブログ) »

2010年3月13日 (土)

素晴らしき名曲が教えてくれること・その7

Pink_flowers



Ben

( Walter Scharf/Don Black )


Ben, the two of us need look no more
ベン、僕たちはもう探さ なくていいんだよ

We both found what we were looking for
探していたものを、僕たちはお 互い見つけたんだ

With a friend to call my own
自分の、と呼べる友だちを

I'll never be alone
僕はもう独りぼっちなんかじゃない

And you, my friend, will see
そ してキミも、自分には友だちがいるって、すぐに分かるよ

You've got a friend in me
キミには僕という友 だちがいるんだ



Ben, you're always running here and there
ベン、キ ミはいつもあちこち走り回わり

You feel you're not wanted anywhere
どこでも自分は嫌われて いると、感じてるだろう

If you ever look behind and don't like what you find
も し後ろを振り向いて、嫌なものに出くわしても

There's something you should know
知っておいて 欲しいことがある

You've got a place to go
キミには帰る場所があるってことを



I used to say "I" and "me"
僕はよく、「 僕は 」 や 「 僕に 」 って言ってたけど

Now it's "us", now it's "we"
これからは 「 僕たちは 」、「 僕たちに 」 だね



Ben, most people would turn you away
ベン、ほとんどの人がキミを追い払おうとするだろう

I don't listen to a word they say
僕は、みんなが言っていることは聞かないよ

They don't see you as I do
僕のようには、みんなはキミを分かってないんだ

I wish they would try to
みんな、分かろうとしてくれたらいいのに

I'm sure they'd think again
そうし たら、きっとみんな思い直すって、僕は信じてる

If they had a friend like Ben
ベンみたいな友だち がいればなって

a friend Like Ben
ベンみたいな友だちが

Like Ben
ベンみたいな



(和訳:エミール)




今回は、一行ごとに訳をつけてみました!

この曲は、1972 ( 昭和47 ) 年公開の
アメリカ映画 『 Ben 』 の挿入歌で、マイケル・ジャクソンが
子供のときに歌たい大ヒットしました。


映画のストーリーは、サスペンス映画ではあるものの、
病弱な少年とネズミ “ ベン ” の友情をテーマにした内容。

歌詞自体が ‘ 少年の心 ’ そのものを歌っていますね。
子供の純粋さが伝わるいい歌詞だな~と、訳してて思いました。



music Michael Jackson  " Ben "







エミールの数秘リーディング

詳 しいお問い合わせ・ご連絡先は こちら  まで。


【お知らせ】


<数 秘リーディング>

¥6,000(1時間)
※こちらは数秘リーディングのみです。
※ リーディングの場所はご予約いただいた方に直接ご案内いたします。

<数 秘リーディグ+Osho禅タロットリーディング>

¥8,000(1時間半)
※こちらは 訪問リーディングが可能な方、もしくは指定のリーディングスペースにてご提供しています。
※訪問リーディングをご希望の方には別途交通費をいただ きます。
※リーディングスペースをご希望の方には 別途¥1,000(ルーム使用料、飲み物代、及び交通費を含む) をいただきます。ご了承ください。















|

« 千年の守り神 | トップページ | 波動上昇中 (おすすめブログ) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

宇宙はやさしく(全記事)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千年の守り神 | トップページ | 波動上昇中 (おすすめブログ) »